第25回まつもと演劇祭開催のお知らせ

        ここから再び!舞台が始まる!

1996年にスタートしたまつもと演劇祭は25回目を迎えることとなりました。コロナ禍が続く中ではありますが

2022年の本演劇祭を「“再出発”のための挑戦!」と位置づけ
 

2022年の本演劇祭を
2022年10月14日-16日の期間で
開催することを決定いたしました

約3年ぶりに開催いたします。これまでの盛況はご来場いただく皆さま方のご支援あってのことと、深く感謝し、ご案内申し上げます。コロナ禍において、移動すら自粛を迫られる昨今、全国津々浦々で活動する団体のパフォーマンスに触れることができる貴重な3日間に、ぜひとも足をお運びください。史跡並みの古い面影を残す上土劇場をはじめ、まつもと市民芸術館、下町なじみの会館やホール・映画館・蔵を利用したギャラリーなど、その佇まいにも見所がたっぷりの会場にて公演が行われます。大通りをほんの少し外れるだけで見えてくる古い街並みや細い路地を楽しみつつ、新しい場所も探索してみてはいかがでしょうか。お友達、ご家族お誘い合わせの上、ご来場ください参加団体一同、あなた様のご来場を劇場でお待ちしております。

​まつもと演劇祭実行委員会 ​

​まつもと演劇祭とは?

~全国最大規模の地域演劇の祭典~

まつもと演劇祭は長野県松本市で年1回行われている演劇祭です。

『同時多発・週末3日間に演劇三昧』

をコンセプトに、県内外の劇団が市内複数の会場で公演を行う、全国最大規模の地域演劇の祭典です。

2018年に行われた第23回では10劇団が5会場で

計40公演を実施しました。